タクシー求人が多いのには理由があります

常にタクシー乗務員の募集が出ているのは

タクシー業界は一見華やかにも見えますが、実は、慢性的な運転手不足に悩まされているのも事実です。それには、いくつかの理由があります。まず、タクシードライバーになっても、すぐに退職したり、転職してしまう人が多いことです。

タクシードライバーに向かない人たち

タクシー求人が多いのには理由があります。タクシードライバーという職業は、勤務時間が、かなり長く、勤務シフトもバラバラで不規則です。やる気のあるドライバーだったら、この不利な条件を、逆にチャンスととらえ、アグレッシブにお金を稼ぐことが出来るのも事実です。その反対に、マイホームパパ的なドライバーではどうでしょうか。夕方5時の定時には、仕事を切り上げて、家に向かうのではないでしょうか。それでは、タクシードライバーとして、ガッツリお金を稼ぐことが、できません。会社が就業規則をちょっとでも厳しくすれば、すぐに辞めていく人たちが多数を占めています。

慢性的なドライバー不足に悩まされる会社

慢性的な人手不足に悩まされている会社の頼みの綱は、実は、インターネットです。インターネットサイトで展開される転職サイトのおはなしです。いま、ネット上には、実にさまざまな種類の転職サイトがあります。転職サイトでは、あの手この手で、ドライバーを募集しますが、最近の一番人気は、就職に成功したらもらえる報奨金です。この報奨金は、祝い金、祝金、などと称されていますが、いずれも、お金が出る元をたどれば、ドライバーを募集している会社側にたどり着きます。ネット上に、ドライバー求人広告が多いのには、慢性的なドライバー不足という伏線があるからです。

歩合制のタクシー会社の命は車と運転手

もう少し具体的に話しを進めましょう。タクシー求人が多い理由は、会社側の、いわば、車余り現象です。ドライバーたちが、次から次へと転職していくので、会社側では、いつもドライバー不足に悩まされるということになります。結局、これらの会社は、歩合制ですから、出来るだけ多くの車を稼働させることが成功への近道です。車は、お金さえ支払えば、どんどん増やすことができますが、ドライバーは、そうは行きません。客扱いの技術に優れた、親切なドライバーなどは、会社のお宝的な存在となりえますが、そういう人たちを、長期にわたり支え続けるのは、会社側としても、かなり難しいということができます。

まとめ

つまるところ、タクシー会社の経営が成功するか否かは、車を運転する、ドライバーたちの質と数に左右されます。歩合給が原則ですから、一台でも多く稼働させたいというのが、偽らざる本音ですが、転職するタクシードライバーたちの数は増大傾向です。

比較ページへのリンク画像