タクシードライバーの不足はこれからの日本にとって痛手

これからのタクシー業界と人材

現代の日本ではきつい仕事のイメージからか、昔に比べてタクシー業界の人材不足が深刻です。しかし訪日客の増加や世界規模のスポーツイベントの開催により、今後大幅な需要が見込めるでしょう。だからこそ今のうちに転職を考えてみるのも良いかもしれません。

タクシーに乗る仕事のイメージが変わりつつある

タクシードライバーの仕事というと、一昔前までは世間からあまり良いイメージを持たれていなかったのではないでしょうか。給料は歩合制で決まることが多く、早朝から深夜まで客待ちをしなくてはなりません。特に深夜の客は酒を飲んでいることが多く、予期せぬトラブルに巻き込まれることも決して少なくなかったからなのかもしれません。しかし最近ではその風向きも少しずつ変わってきていて、多くの客を乗せて走るタクシーの姿を目にすることが徐々に多くなりました。特に首都圏や地方都市、観光都市などでは、利用者がかなり増えてきています。

訪日客の増加や大きなイベントが控えている日本

一時期中国人観光客が日本のデパートや家電量販店、ドラッグストアなどでたくさんの買い物を行っているというニュースをよく目にしましたが、彼らを目的地までストレスなく送り届けるのには、タクシーの協力が必須でしょう。観光客側からすると荷物をいくつも抱えて移動するわけにはいきませんし、タクシーをいつでも利用出来れば、電車やバスの発車時刻をわざわざ待つ必要も無くなります。タクシーを利用するメリットは相当高いでしょう。また2020年には東京オリンピックが控えているため、訪日客がどんどん跳ね上がっていきます。公共の乗り物だけではとてもさばききれないはずですし、タクシーの需要は今後ますます高まります。

タクシードライバーが不足しているという現実

しかし現段階ではタクシードライバーが不足していることも事実です。しかし今後これだけの需要が見込めるのなら、思い切ってタクシー業界に転職を考えてみるのも良いかもしれません。各タクシー会社は即戦力になれる人材を募集していますし、中には二種免許の取得を支援してくれる会社もあります。ぜひ自分で調べてみると良いでしょう。今では就職や転職支援サイトが充実しているため、パソコンやスマートフォンがあればいつでも検索することが可能です。タクシー会社の募集も相当な数が存在しますし、自分に有利な条件を提示してくれているところに応募してみると良いのではないでしょうか。

まとめ

タクシードライバーの需要は今後どんどん増えていくはずなので、なるべく早く二種免許を取得し、タクシー会社への就職を考えてみる時なのかもしれません。インターネットを上手に活用し、自分たちにとって最適なタクシー会社をぜひ探してみると良いのではないでしょうか。

比較ページへのリンク画像