タクシーの仕事はきついか楽か

わかりにくいタクシードライバーは仕事内容

タクシードライバーになるためには、基本的には免許が必要です。免許といっても普通免許の一種ではなく、二種免許が必要となります。そして、免許を持っていない人は、教習を受けて取得をするか、会社に所属をしてから取れるというところもあります。

求人情報を確認することから始まります

記事のイメージ画像

タクシードライバーになるには、二種の免許が必要になります。そのため、免許を持っている人はスムーズになることができるのですが、免許を持っていない人に関しては、事前に取得をするか入社してから取得をするということになります。そこでポイントになるのが、求人情報を見て取得費用を出してくれるところもあるので、多くの求人票をチェックしてみることが大切です。これから始めようとする人は、タクシー会社に所属をして働くほうがある程度安心して行うことができます。もちろん、車両本体も会社が所有しているものを使うため、費用も掛からずに始めることができます。そして、40代などある程度年齢が高くなってから始めるという人が増えていて、求人情報をみると定年になる年が長かったりします。

基本的な一日の仕事の流れがあります

仕事内容の特徴として、タクシードライバーは勤務時間が長い傾向にあります。もちろん、勤務表に応じて運行をするのですが、朝早くから行う人もいれば、昼から夜にかけて勤務をする人もいます。この部分に関しては、ある程度希望の通りにシフトを組んでもらうことができます。そして、大体の流れとしては、出社をして制服に着替えます。その後、点呼を取り運行管理者より、天候の状態や道路状況などの話を聞いて状況を把握しておきます。その後、車両の準備や点検をします。お客様を乗せるため安全に運転をするためにも、タクシードライバーとして責任をもってチェックをします。その後、出庫してお客さんがいそうなところに移動したり、駅前のターミナルやタクシー乗り場で待つことになります。

時には臨機応変さも大切になります

タクシードライバーは基本的には勤務時間で働くのですが、乗せたお客様の要望に応じて長距離の運転になることもあります。そのため、その時には会社に連絡をしておかなければなりません。そして、お昼時間もあるのですが、イベントなどがあるときなどは臨機応変に時間をずらして対応することが必要となります。そして、時間帯によっては乗車率が下がるときがあります。その時には、休憩を取るなどして時間を潰し、忙しくなる時間帯をめがけて乗りそうなところを流すようにします。ベテランのタクシードライバーになると感覚もあるため、効率よくお客様を乗せることができます。そして、トーク力も必要になるので、新聞など情報収集も大切な仕事の一部です。そして、日誌と売り上げを会社に提出して、洗車して燃料を詰めて一日の仕事内容が終了です。

まとめ

タクシードライバーは、二種の免許が必要なので、事前に取得をしておくか入社後取得することになります。そして、タクシードライバーの仕事内容は、長時間の勤務になることもあり、状況に応じて臨機応変に対応することが必要です。それに加えて、しっかりと車両管理をして安全に運転ができるようにするのはもちろんのこと、休憩時間などに新聞を読んで話のネタを入手しておくことも大切な仕事です。

比較ページへのリンク画像