タクシードライバーの給与システム

タクシードライバーの給与システム

先日、東京都内でタクシー料金の改定が行われ、初乗り料金の引き下げが行われました。長きにわたる景気低迷で、社用族のタクシー利用が減ったことが影響しています。気楽な稼業にも見えますが、給与システムは他の仕事とは異なります。

タクシードライバーの給与体系は基本的に歩合制

タクシードライバーの給与システムは、基本的に歩合制ですが、様々なタイプがあり、いわゆる完全歩合制もあります。毎月、すべての売上を一定の歩合により支給する給与システムです。月の総売上に歩合率を乗じる計算式によって給料が決定します。このため、経験豊富で常に一定以上の売上げを上げることができるベテランのタクシードライバーにとっては、一番稼ぎやすい給与システムです。売上が少ない場合もそれに応じた給料を支払うことですみますので、タクシー会社にとってもリスクが少ない給与システムです。しかし、タクシードライバーにとってリスクが高くなりますので、基本給にその他手当を加えた固定給と歩合給、賞与からなる給与体系も出てきています。固定給部分は、勤続年数に応じて上昇しますので、安定して給料を増やすことができます。

完全歩合制と固定給制との折衷型の給与システム

現在、タクシー会社でもっとも多く取り入れられている給与システムは、完全歩合制と固定給制との折衷です。固定給部分と歩合給部分をそれぞれ時間給に換算し、それらの合計額と最低賃金額を比較し月給を計算します。月給のうちから、積立金を作り、これを年間2、3回に分けて賞与として支給します。積み立てる金額は、月間の売上によって定められています。すべてを給与として支給すると、社会保険料の標準報酬額が上がり、事業主負担分の額がかなりの金額になります。これを一部、賞与用にプールすることで、社会保険料負担を軽減する効果もあります。タクシードライバーにとっても、毎月積み立てられた金額は、いずれまとめて支払われるので、貯金や貯蓄として考えられています。

独特の給与システムの足切り制度

また、タクシー会社の給与システムには足切りという制度があります。タクシー会社は、タクシードライバーに対して売上目標を課します。その目標額がいわゆる足切り金額です。足切り金額以上の売上を上げれば、インセンティブをもらうことができます。固定給部分は、それ程高く設定されていませんので、このインセンティブ部分がないと収入が少なくなります。一般的なインセンティブは、足切り金額を超えた売上げに対する歩合率60パーセント前後と言われています。足切り金額に届かないと、給与が少なくなり、法律で定められている最低賃金しかもらえないこともありますので、注意が必要です。

まとめ

タクシードライバーの給与システムは、歩合制が非常に強い体系になっています。完全歩合はありませんが、基本的には売上額に歩合を乗じた金額が給与になりますので、ドライバーや地域によって給与に差が出てきます。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

祝い金ももらえるタクシーの求人探し
タクシー求人サイトを使うメリットは計り知れません
未経験の人でも働けるタクシーの求人があります
案外稼げるタクシードライバーという職業
タクシー求人が多いのには理由があります
タクシードライバーの気になる年収は?
タクシードライバーへ転職する不安
タクシードライバーを目指している女性の方へ
タクシードライバーになるにはどうすれば良いのでしょうか。
タクシードライバーになるための資格
タクシードライバーになる為には二種免許が必要ですが、かなり難しいです
働く年齢制限が少ないタクシードライバーは理想的な選択肢です
タクシードライバーの面接試験突破に大切なのが志望動機です
タクシードライバーの仕事で楽しいことも多いです
タクシードライバーは仕事内容はいろいろとあります
タクシードライバーは平均年収が高く働き安い
タクシードライバーの離職率の低さについて
タクシードライバーの勤務形態と休み
タクシードライバーの面接とはどんな内容か
タクシードライバーの不足はこれからの日本にとって痛手
タクシードライバーとしての研修について
夜勤のタクシードライバー求人の魅力
技術があればタクシードライバーに定年はない
日勤だけのタクシードライバー求人をお探しの方