タクシードライバーへ転職する不安

実際にタクシーの仕事での悩み

業界のイメージは、定年になった人が働く場であるとか、働く時間の割りに収入が少ないなど、あまり良いものではありません。しかし今では、転職者ばかりでなく、大学卒といった新規就職者も多くなり、悪いイメージの払拭に努めるようになって来ています。

タクシー運転手も普通のサービス業

タクシーの運転手をしていると、確かにいろいろな人を乗せることになります。その中には、質の悪いお客様がいることもありますが、それは他の職業においても同じことが言える訳です。コンビニやレストランと言った場においても、迷惑なお客様はどこにでもいると言うことを考えると、ごく普通のサービス業の一つと考えることが出来ることになるはずです。自分の腕さえ良くなれば、お客を一杯運ぶことが出来、稼ぎも多くなるのも東京のような大都会だから出来ることになります。そんなことを考えると、東京のような大都市のタクシードライバーになり、稼ぎたいと考える人も多いはずです。そして、良い情報を仕入れることで、お客様をたくさん運ぶことが出来る運転手になるはずです。

道の不案内も当初は仕方ないこと

タクシーの運転手になると決めた時、一番の不安は道案内ではないでしょうか。転職して来た時に、一番感じることになるのでしょう。仕事の内容は、非常に単純なことですが、道路を覚えると言うことでの大変さはあるのが事実です。ですが意外なことは、道案内はお客様がしてくれます。特に新人の人に対しては、仕方内と言う心境にもなるのでしょう。道を教えてくれる人が、ほとんどですから、それほど心配することもないと考えます。素直に新人と打明けると良いのでしょう。もし、お客様の方も道が不案内の時には、ナビを使うことも良い方法で、お客様も納得してくれるはずです。それよりも大事なことは、お役のいる場所、立ち回りを確実にすると言うことになります。

多くの情報を仕入れることや立ち回り先を知る

効果的な仕事をするには、多くの情報を仕入れることと、その場所を確実にすると言うことです。情報もなにもない人は、ただ駅前で順番を待つだけにもなってしまいます。少しずつ仕事に慣れることで、今度はお客の多い場所が判かるようになって来ます。そして「待つ」と言う、釣りに似た感覚の根気が必要です。更には、遠距離ばかりの客を狙うことなく、万人の応対をする必要があります。また、タクシーの運転手と言う仕事を好きになることも、必要です。お客に対し、不機嫌な顔で挨拶をしても、態度が横柄でも得になることはひとつもありません。無駄話しも時には必要ですが、それよりも笑顔での安全運転がお客にとっては一番嬉しいことになります。

まとめ

タクシードライバーは、年齢に関係なく仕事が出来る職業です。そして勉強することがあり、そのことをしっかり学んだ人は、確実に稼げる運転手になれるはずです。稼げないタクシードライバーは、転職をして来ても不真面目で、仕事をさぼる人と言って良いでしょう。

比較ページへのリンク画像