タクシードライバーの気になる年収は?

タクシードライバーの気になる年収は?

みなさんはタクシードライバーという職業に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか。否定的なイメージを持つ方も少なくはないのではないでしょうか。しかし、実はタクシードライバーという職業が隠れた良い仕事であることをみなさんはご存知ですか?

タクシードライバーの平均年収は。

記事のイメージ画像

まず、日本の平均年収は、平成28年時点で442万円です。それでは、タクシードライバーの平均年収はというと、平成27年時点で308万円となっています。数字だけ見ると、日本の平均年収よりも低く、なんだ安いじゃないか、と思いますよね。しかしこの数字はあくまで平均なのです。タクシードライバーの給料は歩合制です。他の仕事に比べると、歩合の比率が高いというわけです。会社によりその比率も異なりますが、東京ではだいたい60パーセントがタクシードライバーへ、残りの40パーセントが会社へという配分となっています。タクシー1台の売り上げ平均は約54万円です。そのうちの60パーセントが運転手の取り分となると、月給は約32万4千円となります。平均年収になおすと、約388万円となるわけです。

日本の平均年収とタクシードライバーの平均年収

先ほど挙げたタクシードライバーの平均年収は、日本の平均年収には及びませんが、男性の場合、平均年収のボリュームゾーンは300万円から400万円の間となっているので、ほぼ同等と考えてよいのではないでしょうか。想像していたような安月給ではないようです。また、勤務日数は平均月11日です。出勤日数は少ないですが、一日の平均稼働時間は18時間と長いのも特徴です。歩合制ですので、勤務日数などにもよって金額は変動していくようです。勤務日数も最大2勤務増やすことができるようで、最大13日の勤務が可能です。頑張り次第では、50万、60万円と稼ぐかたもいらっしゃるようです。

タクシー業界のイメージと将来性

しかし、タクシードライバーという職業に対してのイメージは決して良いものではないというのが現実です。2002年にタクシー業界に規制緩和がなされ、全国に17000台のタクシー車両が増加し、一台の売り上げがさがってしまったという背景が、この悪いイメージを連想させているようです。しかし、2008年から現在までに約3万台のタクシー車両が減車され、現在でもタクシー一台あたりの売り上げは増加傾向にあるようです。そして高齢化が進む日本の社会でタクシーの需要はますます増えていくことと思われます。タクシー業界ほど安定した業界はないということです。

まとめ

タクシードライバーは、一日の平均拘束時間が非常に長く、大変で体力のいる仕事ですが、頑張り次第では給料UPも期待できます。タクシー運転手の給料は歩合ですので、稼げる人もいれば、稼げない人もいるのが現実ですが、頑張り次第でなんとでもなる、ということです。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

祝い金ももらえるタクシーの求人探し
タクシー求人サイトを使うメリットは計り知れません
未経験の人でも働けるタクシーの求人があります
案外稼げるタクシードライバーという職業
タクシードライバーの給与システム
タクシー求人が多いのには理由があります
タクシードライバーへ転職する不安
タクシードライバーを目指している女性の方へ
タクシードライバーになるにはどうすれば良いのでしょうか。
タクシードライバーになるための資格
タクシードライバーになる為には二種免許が必要ですが、かなり難しいです
働く年齢制限が少ないタクシードライバーは理想的な選択肢です
タクシードライバーの面接試験突破に大切なのが志望動機です
タクシードライバーの仕事で楽しいことも多いです
タクシードライバーは仕事内容はいろいろとあります
タクシードライバーは平均年収が高く働き安い
タクシードライバーの離職率の低さについて
タクシードライバーの勤務形態と休み
タクシードライバーの面接とはどんな内容か
タクシードライバーの不足はこれからの日本にとって痛手
タクシードライバーとしての研修について
夜勤のタクシードライバー求人の魅力
技術があればタクシードライバーに定年はない
日勤だけのタクシードライバー求人をお探しの方