タクシードライバーとしての研修について

タクシードライバーとしての研修について

記事のイメージ画像

タクシードライバーを目指している人もいるでしょう。正式なタクシードライバーになる前に、タクシー会社では様々な研修を行います。講習の内容はそれぞれの会社によって異なりますので、事前に確認しておく必要があります。

二種免許取得を持っていない方は免許を取得します

タクシードライバーとしてタクシー会社から採用された場合、その後に研修を受けるのが一般的です。タクシー会社によっては、入社前からタクシーに乗務した後も、様々な研修メニューや勉強会を用意しているところもあります。講習を受けることによって、売上アップのポンイト、サービス精神、事故対策など、タクシードライバーにとして必要な知識やスキルを身に付けることができます。そしてタクシー運転手で大切なのは運転免許であり、タクシー運転手は二種免許を取得する必要があります。この運転免許証を持っていない方は、まずは運転免許証の取得からはじめます。一種免許だけを持っている方は、二種免許取得のために約10 日程度、会社が指定する教習所に通います。なおこの場合の免許取得費用は、タクシー会社が負担してくれます。

地理講習と車内講習も給料は支給されます

指定する教習所で二種免許を取得すると、その後は地3日間程度の地理講習を受けます。タクシーセンターで行う地理講習では、地域の地理を覚えます。地理講習では最終日に試験があり、試験に合格するとタクシーのフロントガラスなどに貼る、運転手登録証を交付してもらえます。地理講習の後は社内講習で、この講習は会社によって異なりますが、だいたい15日間程度です。車内講習では、メーターなど機器操作、実習・接客マナー、路上教習など、タクシー乗務員として必要な知識、マナーを学びます。研修期間は長くなる場合もありますが、この期間ももちろん給与は支給されます。

添乗講習が終わるといよいよ発常務です

会社での研修が終わると、次は添乗研修です。この添乗講習は約7日間程度で、班長乗務員同乗のもと様々な指導をしてもらえます。路上に出て実際に営業を行いながら、乗務のコツやポンイト、手順を身につけていきます。班長が一緒に同乗してくれますの心強いはずです。添乗講習が終わると、いよいよ初めての乗務になります。この日から会社の乗務員として、他の先輩ドライバーと同じように営業を行います。このようにタクシードライバーとし一人前になるまで、様々な研修を受けることになります。会社では様々なメニューの研修を用意してみなさんを待っています。

まとめ

タクシードライバーを目指している人の中には、タクシー会社で行う研修が気になっている人もいるかもしれません。タクシー会社によってその内容は異なりますが、添乗員として一人前になるまでしっかり研修してくれます。そのため初めての方も安心して利用できます。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

祝い金ももらえるタクシーの求人探し
タクシー求人サイトを使うメリットは計り知れません
未経験の人でも働けるタクシーの求人があります
案外稼げるタクシードライバーという職業
タクシードライバーの給与システム
タクシー求人が多いのには理由があります
タクシードライバーの気になる年収は?
タクシードライバーへ転職する不安
タクシードライバーを目指している女性の方へ
タクシードライバーになるにはどうすれば良いのでしょうか。
タクシードライバーになるための資格
タクシードライバーになる為には二種免許が必要ですが、かなり難しいです
働く年齢制限が少ないタクシードライバーは理想的な選択肢です
タクシードライバーの面接試験突破に大切なのが志望動機です
タクシードライバーの仕事で楽しいことも多いです
タクシードライバーは仕事内容はいろいろとあります
タクシードライバーは平均年収が高く働き安い
タクシードライバーの離職率の低さについて
タクシードライバーの勤務形態と休み
タクシードライバーの面接とはどんな内容か
タクシードライバーの不足はこれからの日本にとって痛手
夜勤のタクシードライバー求人の魅力
技術があればタクシードライバーに定年はない
日勤だけのタクシードライバー求人をお探しの方