タクシードライバーになる為には二種免許が必要ですが、かなり難しいです

タクシードライバーになる為には二種免許が必要ですが、かなり難しいです

高齢になって会社が倒産したり人員削減で辞めないといけない状態になることはよくあることですがこの場合仕事探しが大変です。何か特殊な技能を持っていれば仕事を見つけやすいですが、そうではない場合は、営業かトラックのドライバーかタクシードライバーと言うことになります。

営業はノルマがある場合が多く給料も一般的に安いです

体が楽な仕事を探すのが普通ですから営業をやろうと考える人も多いかもしれませんが、高齢者を募集している場合はノルマがある可能性がかなり強いですし、ノルマがなくても数字を出さないと給料にならないタイプの仕事が多い可能性が強く、稼ぐ必要のある人にはこれはかなりプレッシャーになり体は楽でも精神的にきつい状態になり、長続きしない場合が多いと思われます。したがって高齢で職探しをする場合は、営業は避けた方が無難であり、他の仕事を探し方がいいと思われますが、事務系の仕事も給料が安い傾向がありますからこれも避けた方がいいです。

トラックドライバーの仕事は体がきついです

高齢でそこそこ給料を得ようとするならトラックドライバーの仕事がいいかもしれませんが、これは肉体系の仕事を長らくやっていたなら体が慣れているので勧めることができますが、事務や営業を長らくやっていた人にはあまりおすすめできません。なぜなら高齢でいきなり肉体仕事をやると仕事に慣れるまでかなりつらい思いをしないといけないからです。確かにこの仕事ならノルマがないし、そこそこ稼げる可能性は高いですがやり慣れいないと体がついていかない場合がありうるので結局すぐやめてしまうと言うことになる場合があり、やめておいた方がいいと思われます。

タクシーならノルマがないし稼ぐ気なら稼げます

高齢者に勧めることが出来るのはタクシードライバーの仕事であり、これはノルマがない上に腕が関係して腕が上がるとそこそこ稼げるようになります。腕と言うのはどこを走れば客を乗せることが出来るかの勘所を掴むと言う面において言っています。ただしこの仕事をするためには二種免許が必要であり、二種免許は筆記が大変難しく何度も落ちる人がたくさんいます。実地の試験に関しては教習所で取ることが出来ますから何度か受ければ通りますが、筆記は自動車試験場で受けないといけませんからこれは何度受けても点数が取れるまで通りませんのでかなり努力が必要です。

まとめ

高齢者の仕事としていいのはタクシードライバーだと思われますが、二種免許を取るのがかなり難しいので努力が必要であり、軽い気持ちで受けたのではまず通りませんからその点注意が必要です。気楽な仕事であり腕を上げれば稼ぐこともできますからその点おすすめできます。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

祝い金ももらえるタクシーの求人探し
タクシー求人サイトを使うメリットは計り知れません
未経験の人でも働けるタクシーの求人があります
案外稼げるタクシードライバーという職業
タクシードライバーの給与システム
タクシー求人が多いのには理由があります
タクシードライバーの気になる年収は?
タクシードライバーへ転職する不安
タクシードライバーを目指している女性の方へ
タクシードライバーになるにはどうすれば良いのでしょうか。
タクシードライバーになるための資格
働く年齢制限が少ないタクシードライバーは理想的な選択肢です
タクシードライバーの面接試験突破に大切なのが志望動機です
タクシードライバーの仕事で楽しいことも多いです
タクシードライバーは仕事内容はいろいろとあります
タクシードライバーは平均年収が高く働き安い
タクシードライバーの離職率の低さについて
タクシードライバーの勤務形態と休み
タクシードライバーの面接とはどんな内容か
タクシードライバーの不足はこれからの日本にとって痛手
タクシードライバーとしての研修について
夜勤のタクシードライバー求人の魅力
技術があればタクシードライバーに定年はない
日勤だけのタクシードライバー求人をお探しの方