タクシーの面接で落ちるか 質問内容と服装に注意

転職の際のタクシー会社での面談

定年退職後の再就職先、運転技術を活かして仕事をしたいなど様々な理由でタクシードライバーを目指している方に向けて、今回は面接のポイントに関して記載していきます。これから面接を控えている方に向けた内容です。

まず面接時に重要視されることは言葉使い

タクシードライバーとして働いていきたいと考えた際、避けて通ることが出来ないのが面接です。そんな際に、必ず最初にチェックされることが言葉使いです。というのも、タクシーはサービス業です。そのため、乗客一人一人が気持ちよく利用することが出来るように、丁寧な対応や言葉使いを提供することは、タクシードライバーに求められている基本的な能力です。そのため、面接時には必ず言葉使いがチェックされます。しかし言葉使いが問題なければ、例えサービス業の経験がなくても働くチャンスを貰うことが出来る魅力的な業界で、年齢の幅も広いので誰でもチャレンジ出来ます。

次にチェックされるのは身だしなみ

サービス業ということで、チェックされる点は言葉使いだけではありません。それ以外にも、各社必ずチェックするのが身だしなみです。タクシードライバーの仕事は、単に乗客に指定された場所まで車を運転するだけではありません。快適に目的地まで乗客を運ぶことが使命です。そのため、乗客が嫌な思いをしない服装や身だしなみであることが重要です。だからこそ、面接時には必ず服装や身だしなみがチェックされるため、普段着ではなく必ずスーツを着て臨むようにしましょう。また必ず面接前には鏡等で服装や汚れ等を確認するようにしましょう。

内容は志望理由から様々なことまで

タクシードライバーの面接と聞くと、どんな内容が聞かれるのか不思議に思っている方が多くいます。一般的に質問される点は、まず志望理由です。何故タクシードライバーという特殊な職業を志望したのか、またかつての仕事の経験をどのように活かしていきたいと考えているのかなどといった一歩踏み込んだ内容まで質問されます。それ以外にも、長所や短所など様々な点が質問されるため、事前にある程度の考えをまとめていくことが重要となります。必ず面接までにご自身の考え、そしてタクシードライバーを志望した理由を振り返っておくようにしましょう。

まとめ

タクシードライバーの魅力は、誰でもなることが出来るチャンスがある点です。寮付きの求人情報も数多くあることから、何かを始めたい、自分を変えたいと考えている方に最適な求人です。しっかりと準備し、理想を確実なものにしましょう。

比較ページへのリンク画像