タクシードライバーの面接試験で重要な志望動機

転職してタクシー会社に入社するために

近年、タクシードライバーの需要が増えるのにしたがって、この業界で働きたいという、中高年の数が増大してきています。給与が比較的高くて、勤務時間が自由なところが人気の秘密ですが、タクシードライバーになるには、難しいといわれる面接試験を突破しなければなりません。

けっこう気を使わなければならない面接試験

タクシードライバーになるための最大の難関は、タクシー会社が実施する入社試験ですが、難しいのが面接試験です。この面接試験では、必ずといってよいほど、この業界を選んだ志望動機を問われます。車の運転をするのが大好きだからというのも、ある意味では、立派な志望動機となりえます。ですが、注意すべき発言もあります。それは、評判を聞きつけて、会社の悪い部分に関する発言をしないことにつきます。会社の経営者たちにとって、一番怖いのは、自分たちの会社の評判が悪いということだからです。ここは、発言に注意が肝要です。会社の評判がよいからという理由を最後につけたして発言すれば、それだけで採用される確率が高まります。

案外大切なのが履歴書の品質です

あたりまえですが、タクシー運転手になるためには試験を受けて、あの面接試験をクリアしなければなりません。それから大切なのが履歴書の品質です。まず、誤字脱字がないことが一番大切なポイントとなりえます。字の上手下手は、生まれつきの部分もありますから、会社側でも、大目に見てくれます。ですが、提出する履歴書の記載内容に、あまりにも誤字脱字が多いと、審査で外される確率が大きいです。履歴書の品質に自信のない人たちは、それが得意な人たちの校閲を受けることが大切です。さらに、履歴書だけは、たとえ下手な字でも、自分自身で苦労して作成する必要があります。

あいまいな志望動機は伏せておきましょう

記事のイメージ画像

タクシードライバーの履歴書の中身で大切なのは、やはり、志望動機です。なぜタクシー業界で働きたくなったのか、履歴書を作成する課程でじっくり考えましょう。志望動機では、本人のやる気を問われる場合が多いです。仕事が楽そうだからだとか、なんとなく自由だからなどという、あいまいな理由は伏せておくべきでしょう。ここで一番大切なのは、本人のやる気ですから、志望動機も、おのずから限定されます。ノルマを達成して、たくさん稼いで、住宅ローンの返済を早目に済ませたいなどという、ポジティブでやる気のある志望動機が歓迎されます。最後に、採用されるべき会社の、評判が良いことも付け加えておきましょう。

まとめ

中高年に対するリストラの風当たりは、弱まるどころか、一層激しさを見せています。いきなりリストラされても、つぎに働く手段を考えておくべきでしょう。タクシードライバーとして働くという選択肢も、とても大切です。履歴書に、しっかりと、志望動機をしたためておきましょう。

比較ページへのリンク画像