タクシードライバーの離職率の低さと働きやすさ

実は定着しやすいタクシー会社

街の中で様々な会社、個人のタクシーを多く見かけるという方も、多数いるのではないでしょうか。サラリーマンからタクシードライバーに転職した方の離職率は、とても低いことが分かっています。その理由として考えられる、様々な利点や魅力がタクシードライバーにはあるのではないでしょうか。

平均年齢と離職率の低さの関係について

タクシードライバーの平均年齢は50?60歳代です。タクシードライバーに必要な二種免許取得に対して、21歳以上・普通免許を取得して3年以上経過しているものである事という制限はありますが、70歳や80歳代などで現役として働いている方がいるように高齢になっても活躍できる職業であり、サラリーマンなど他の仕事をしていた方が、40代や50代でタクシードライバーに転職するという場合も多くあるようです。実際平均の勤続年数だけみれば8?9年程度であり長くはないように思えますが、実際就職する年齢が高いという点があるため離職率が低いということが数字に表れにくいのでしょう。

タクシードライバーの魅力について

タクシードライバーの魅力として、給料は出来高制であることが多く、頑張った分だけ反映されるところが魅力です。サービス残業などが多い会社で働いている方などにとっては特に魅力的に感じるのではないでしょうか。二種免許の取得が必須となりますが、免許取得の費用に関しては、ほとんどのタクシー会社において会社側が費用を出すことが一般的であり、免許自体も短期間で取得することができることからタクシードライバーになろうと考える方は多いようです。そのためにも、就職するタクシー会社をしっかり選ぶことは大切になってきます。

勤務形態も様々で、自分のペースで仕事ができる

給料面の他にもメリットはたくさんあります。タクシードライバーには、1ヶ月の乗車上限時間があり勤務形態によって休日の取り方は異なります。隔日勤務であったり、日勤・夜勤を併用している勤務形態である場合があります。隔日勤務の場合、1回の勤務時間が長くはありますが、月18日程度と休日が多くなります。また日勤・夜勤での勤務形態の場合は、勤務日数は月22日程度となり隔日勤務に比べ休日は少なくなりますが、その分給料面のアップが期待できます。また接客はもちろん必要でありますが、仕事中は1人の時間も長くあるため、また自分で仕事のペースを決めることができ、他の職業に比べ比較的人間関係については悩まずに済むという方もいるようです。

まとめ

年齢が高くなると、どうしても就職や転職は難しくなります。その中で年齢が高くても多くの方が活躍しており、また離職率の低さに繋がる多くの魅力があるタクシードライバーについて、気になる方、興味のある方は一度調べてみるといいでしょう。

比較ページへのリンク画像