タクシードライバーになるための資格

タクシードライバーになるための資格

オリンピック・パラリンピックが開催されることが決まり、日本の交通機関を支えるタクシードライバーとして働いていきたいと考えている方に向けて、今回はドライバーになるために必要な免許の種類や取得方法などに関して記載していきます。

タクシードライバーになるために必要な資格とは

タクシードライバーとして働いていきたいと考えた際、普通自動車の運転免許を持っていればタクシーを運転できるわけではありません。タクシーを運転するために必ず必要となる資格が普通自動車第二種運転免許です。そんな普通自動車第二種運転免許は誰でも取得出来るわけではありません。条件を満たした人だけ免許取得の試験を受けることが出来ます。その条件は年齢が21歳以上、普通自動車運転免許を取得してから3年以上経過しており、視力や聴力が普通免許取得時と同じように問題がないことが条件となります。この条件を満たしていなければ、普通自動車第二種免許の取得試験を受けることが出来ません。

第二種免許取得までの流れに関して

さて、条件を満たしていた場合は免許取得を目指すことが出来ます。しかし、第二種免許の場合は学科・技能試験を合格した後、更に応急救護処置講習と旅客者講習を受講し、免許を取得することが出来ます。当然人を乗せて運転する仕事なので、学科試験は問題数や応用問題が多いだけでなく難易度も普通自動車の運転免許より難しくなっているためしっかりと準備することが重要となります。更に学科試験に関しても普通自動車の免許と比べて合格点が高く設定されている難易度は若干高いものとなっています。しかし、それでも基本的な内容を抑えていれば必ず合格します。

タクシー会社が免許取得費用を負担してくれることも

記事のイメージ画像

近年各タクシー会社では乗務員が不足しています。そのため、多くのタクシー会社では第二種免許を持っていない方に対して普通自動車第二種免許の取得制度を行っている会社があります。この会社を利用して免許の取得を目指す場合、費用は会社が負担してくれるため、金銭面的な事情で免許の取得を目指すことが出来ない方でも安心してタクシードライバーを目指すことが出来ます。一般的には合宿免許を利用して免許の取得を目指すことになるため、目安としては1週間程度時間があれば免許の取得を目指すことが出来ます。このように、タクシードライバーへの道は常に開かれています。

まとめ

タクシードライバーになるために必要な資格は第二種免許です。しかし、近年は乗務員不足の問題から取得制度を行っている会社もあり、誰でも目指すことが出来る職業となりました。タクシードライバーとして日本を支えていきましょう。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

祝い金ももらえるタクシーの求人探し
タクシー求人サイトを使うメリットは計り知れません
未経験の人でも働けるタクシーの求人があります
案外稼げるタクシードライバーという職業
タクシードライバーの給与システム
タクシー求人が多いのには理由があります
タクシードライバーの気になる年収は?
タクシードライバーへ転職する不安
タクシードライバーを目指している女性の方へ
タクシードライバーになるにはどうすれば良いのでしょうか。
タクシードライバーになる為には二種免許が必要ですが、かなり難しいです
働く年齢制限が少ないタクシードライバーは理想的な選択肢です
タクシードライバーの面接試験突破に大切なのが志望動機です
タクシードライバーの仕事で楽しいことも多いです
タクシードライバーは仕事内容はいろいろとあります
タクシードライバーは平均年収が高く働き安い
タクシードライバーの離職率の低さについて
タクシードライバーの勤務形態と休み
タクシードライバーの面接とはどんな内容か
タクシードライバーの不足はこれからの日本にとって痛手
タクシードライバーとしての研修について
夜勤のタクシードライバー求人の魅力
技術があればタクシードライバーに定年はない
日勤だけのタクシードライバー求人をお探しの方