タクシーの求人に未経験からの応募について

誰でも歓迎のタクシー会社あります

40代からタクシードライバーになるという人が結構多くなっています。しかし、今まで経験がない人は免許を持っていないこともあり、取得する必要があります。しかし、会社によっては入社後取得費用を出してくれるところもあります。

まずは求人情報をチェックするところから始まります

記事のイメージ画像

タクシードライバーになるには、二種免許が必要になりますが、ドライバー系の仕事をしていなかった人は免許を持っていないこともあります。そのため、自費で二種免許を取得する方法もありますが、会社負担で取得させてくれるところもあります。実は、タクシードライバーが未経験の人のほとんどが免許を持っていない状態から始めています。とは言って、取得費用まで出してくれる会社はそんなに多くなので、いろいろな求人をチェックして決めることが大切です。最近は、職業安定所以外にも求人サイトや新聞広告にも掲載されていることがあります。

いろいろな条件で絞り込むことができます

実際に求人情報を探すときにポイントになるのが、未経験でも働けるのかとサポート体制が整っているかです。サポート体制が整っているところでは、研修会を開催して、運転をするときのポイントから乗車率の高い場所や時間なども一から教えてもらうことができます。そして、初めのうちは助手席に同乗して教えてもらうこともできます。もちろん、その会社によって体制も違うので、求人情報だけでなくパンフレットやホームページなどを見て判断することも大切です。そして、早く慣れることができれば、基本給以外に歩合給も上がっていくため、自分の頑張りによって給料を増やすことができます。

会社だけでなく勤務場所も大切になります

求人情報を確認すると都市部が多くなっています。もちろん、自分が住んでいる地域などでも募集をしていることもあると思いますが、未経験で応募可能というところはなかなか少ないです。そのため、都市部で働くという人が多くなっているのですが、アパートなどを借りると結構な費用が掛かります。そのため、寮を完備しているところもあり、そちらを選ぶことによって住居の心配もありません。しかも、アパートを借りるよりも費用を抑えられ、通勤が楽というメリットもあります。そのため、単身赴任で働きたいという人は、寮完備しているのかも条件に入れることが大切です。

まとめ

40代以上になってタクシードライバーになる人が増えていて、求人をチェックするときに未経験の人も働きやすいのかを判断することが必要です。そして、都市部で未経験歓迎の会社が多いため、寮完備のところなのかや二種免許取得費用を負担してくれるのかなども条件にして探すことが大切です。

比較ページへのリンク画像