タクシードライバーは働く年齢制限が少ない仕事

長く働けるタクシードライバーは理想的な仕事

政権交代で誕生した、あたらしい経済政策は画期的なものではありましたが、徐々にメッキがはがれかけてきています。アベノミクス景気で潤っている人たちは、ごくわずかの少数派です。失業率が大幅に低下していると胸を張りますが、増えたのは、不安定な非正規雇用者だけです。

メッキが剥がれかかってきた経済政策

あまりにも動かない前政権に比べると、今の政権は、動きが迅速で、実行力があります。おおいに期待している人たちが多いですが、だんだんと、そのメッキが剥がれかかってきています。一番必要なのは、失業率の低下で、その目標は、見事にクリアされました。ところが、それが、なんだかおかしいです。いちばん肝心な、正規社員の数は、全く増えてきていません。失業率を低下させているのは、なんと、不安定な雇用状況下で働かされている非正規雇用の労働者たちです。それどころか、中高年に対する、企業側からの切り捨てであるリストラは、前にも増して、横行しているではありませんか。

年齢制限がない人気の職業といえばタクシードライバー

これでは、まじめに、長い間働いてきた中高年は、たまったものではありません。例えば、突然、企業からリストラ宣言をされて、やむなく、家族を支えるためにタクシードライバーなどで一時しのぎを余儀なくされている人たちが多く見受けられます。しかしながら、タクシードライバーという職業の選択肢は、ある面で理想的な職業となり得ます。それには、いくつかの理由が存在いたしますが、一番大きなのは、働くときの、年齢制限が少ないことではないでしょうか。タクシードライバーに人気が集中するのは、年齢制限のほかにもあります。例えば、働く時間、すなわち、勤務時間の選択に大きな自由度があることです。

見直されてきているタクシードライバー職

勤務時間が比較的自由で、年齢制限が少ないタクシードライバーという職業が、見直されてきているのは、つい最近のことです。以前は、3Kの職業の一つとして掲げられていましたから、その、意識の変化には驚かされます。それからもうひとつ、タクシードライバーに人気が集中するのは、給与が原因ではないでしょうか。タクシー会社では、歩合制、出来高制で会社を運営しているところが多いですが、働き方次第で、多くの金額の月収を得ることが可能です。都市部と田舎とでは、若干違うようですが、田舎でも、月収600万円以上を稼げているタクシードライバーが多いです。いま、年齢制限のかなり少ないタクシードライバーという職業が、見直されてきています。

まとめ

期待されて誕生した新政権ですが、どうやら、中高年に対する風当たりは、予想以上に強いものがあります。会社から突然リストラされても、心配要りません。年齢制限の少ないといわれる、タクシードライバーという職業の選択肢があるからです。

比較ページへのリンク画像